ブースターにおすすめの美容オイル選び方やメリット

美容オイル

肌に潤いを与え、肌のあらゆるトラブルの改善に役立つスキンケアアイテムが美容オイルです。

美容オイルにはさまざまな使い方がありますが、ブースターにもなります。

美容オイルをブースターとして使うのはメリットも多く、肌に悩みがあるなら試してみる価値はありますよ。

今回は、美容オイルをブースターとして使うメリットや、選び方、おすすめのオイルについて解説します。

美容オイルをブースターとして取り入れてみると、肌の質も変わってくるはずです。

美容オイルをブースターにするメリット

30代悩み別美容オイル ニキビ 乾燥

ブースターとは、

洗顔後に化粧水やクリーム、美容液などをつける前に使うスキンケアアイテムのこと

です。

美容オイルには肌を柔らかくしてくれる作用があるため基礎化粧品の最初に使用することでその後に使用する化粧品を効率よく浸透させることができます。

>>美容オイルの成分とそれぞれの効果

洗顔後すぐに化粧水を使うのが一般的ですが、ブースターを先に取り入れることで、次のスキンケアアイテムの浸透性を高める働きがあります。

洗顔後の汚れを落とした肌は美容成分が浸透しやすい状態ですが、ブースターを使えば肌が柔らかくなり、肌の奥まで浸透させてくれるのです。

肌のごわつきが気になるときに、特におすすめです。

美容オイルをブースターとして使うメリットは、大きく2つあります。

①肌を柔らかくして美容成分の浸透性を高める

美容オイルには硬くなった肌を柔らかくする効果があります。

肌が柔らかくなると、スキンケアアイテムの美容成分を吸収しやすくなるのです。

美容オイルを使った後には、肌がふっくらとして柔らかくなったのを実感できるようになりますよ。

②保湿効果が高まる

肌の皮脂は年齢を重ねていく中で徐々に減少していきます。

美容オイルをプラスすることで油分と水分のバランスが整いやすくなります。

ブースターとして美容オイルを使うと、肌に水分を閉じ込めて、保湿効果を高めることができます。

ただし、ブースターオイル自体に保湿効果があるわけではありません。

その後に使うスキンケアアイテムを丁寧につけることが必須です。

美容オイルを効果的に使うためには、

  • つけすぎない。多くても3~4滴くらいまでを目安にする。
  • 効果を実感するために毎日続ける。
  • 洗顔後すぐにつける。

といったポイントを守りましょう。

ブースターオイルの選び方

美容オイルをブースターとして使うメリットがあることが分かりましたね。

でも、どの美容オイルがブースターに適しているのかはよく知られていないかもしれません。

そもそも、美容オイルは油分でスキンケアアイテムの水分を弾いてしまうような気がしてしまいますよね。

美容オイルには、

  • 水を弾くタイプ
  • 親水性が高いタイプ

があり、ブースターには親水性が高い、油脂のオイルを選びます。

ブースターオイルには、さまざまな種類があり、含まれている成分も異なります。

ブースターオイルを選ぶポイントは、

  • 自分の肌質に合っているか
  • オーガニックなオイルかどうか

です。

含まれている成分が肌に合わない場合もあり、合わない美容オイルを使うのは肌に逆効果になってしまいます。

美容オイルには天然由来の成分も多く含まれていますが、オーガニックのものは洗顔後の刺激を受けやすい肌でも、優しくケアできます。

ブースターにおすすめの美容オイル

ブースターオイルの選び方はお分かりいただけたと思います。

でも、美容オイルは種類がありすぎて、どのオイルから始めたら良いのか迷ってしまいますよね。

最後に、ブースターとしておすすめの美容オイルを3つご紹介します。

今回は、

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • マルラオイル

について見ていきましょう。

アルガンオイル

アルガンオイルは、モロッコ南西部に自生するアルガンツリーの実の種から採取されるものです。

約30キロの果肉からわずか1リットルのオイルしか取れないため、非常に貴重と言われています。

アルガンオイルは親水性の高さが特徴的で、多くの水分を肌に与えることができます。

肌の脂質成分と似ているのもアルガンオイルの特徴で、

  • キメ
  • 潤い
  • ハリ

のある肌が期待できます。

美肌成分であるオレイン酸やリノール酸、ステロール、ビタミンEなどが豊富に含まれていて、エイジングケア目的にスキンケアに取り入れている人も多いようです。

シミやシワにもしっかりアプローチしてくれます。

アルガンオイルをブースターに使うときは、洗顔後すぐにワンプッシュ分をつけるだけで十分です。

美容オイルの中でも、テクスチャーがさらっとした方で、ベタつきが苦手な人でも気にせずに使えますよ。

ホホバオイル

最もスタンダードな美容オイルと言われるのがホホバオイルで、初心者でも使いやすいと思います。

ホホバオイルは浸透性が高く保湿効果があり、乾燥肌に悩んでいる人にもおすすめです。

  • 肌へのダメージが少ない低刺激
  • 保湿力の高さ
  • 摩擦の小さいさらっとしたテクスチャー

がホホバオイルの特徴です。

敏感肌でも肌に刺激を与えずに使えるのは嬉しいですよね。

ホホバオイルをブースターにすると、肌に蓄積した汚れをしっかり出し切ることによって、次に使うスキンケアアイテムの保湿成分の浸透性を高めてくれるのです。

マルラオイル

マルラとはアフリカ大陸南部にあるウルシ科の樹木を言います。

マルラオイルは、この樹木の実の核から採取されるオイルのことです。

マルラオイルは、肌にしっかりなじみ浸透性もありますが、ベタつきが気になりません。

マルラオイルは香りが甘くフルーティーで、香りによるリラックス効果を目的に選ぶ人も多いです。

マルラオイルによって、

  • 保湿
  • 弾力
  • 柔らかさ
  • 潤い
  • ハリ
  • ツヤ

が期待でき、ビタミンCも豊富であることから、エイジングケアにもおすすめです。

ブースターにおすすめの美容オイルまとめ

オイルクレンジングとは?メリットとデメリット他のクレンジングとの違いを比較

美容オイルにはさまざまな使い方がありますが、ブースターとしてつけるのもおすすめです。

美容オイルによって肌を柔らかくして、次に使うスキンケアアイテムの効果をより高めてくれるのです。

ただ、どんな美容オイルでもブースターに適しているわけではありません。

ブースターとして使うオイルの選び方や使い方を覚えておいて、実際に試してみましょう。

ブースターオイルにおすすめの美容オイルもご紹介しました。

それぞれの特徴を比べて、自分の肌に合ったオイルを見つけてみてください。

洗顔後の化粧水の前に美容オイルをプラスするだけで、より肌に嬉しい効果があるなら始めてみる価値はありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました