美容オイルのデメリットとメリット

美容オイル メリット デメリット 美容オイル

スキンケアの方法には、さまざまなものがありますが、美容オイルもその一つです。

美容オイルをすでにスキンケアに取り入れている人も多いと思います。

そんな美容オイルにもメリットだけではなく、デメリットもあります。

美容オイルをこれから取り入れようと考えている人も、愛用してきた人も、美容オイルのメリットとデメリットについて押さえておくと、より効果的なスキンケアができるようになるはずです。

今回は、美容オイルの2つのデメリットと3つのメリットについて、解説します。

美容オイルをより詳しく知って、自慢したくなる肌を手に入れましょう。

美容オイルとは?

美容オイルとは、

肌に潤いやハリ、キメ、などを与える目的で、スキンケアの際に使うオイルのこと

です。

種類もさまざまで、肌の悩みに合わせて選ぶことができます。

顔だけではなく、髪の毛や手足、指先、爪と全身のケアに使えるものもあります。

毎日のスキンケアで、洗顔後の化粧水は欠かせませんよね。

でも、化粧水をつけただけでは蒸発してしまい、肌に必要な成分が行き届かなくなります。

化粧水をどんなにたっぷりつけても蒸発してしまっては、台無しですよね。

水分が蒸発しないためには油分でふたをしてあげるのが有効的です。

肌に必要な成分を取り入れつつ、水分の蒸発を防げるのが美容オイルを使う大きな理由でもあります。

美容オイルの2つのデメリット

20代にオススメの美容オイル「毛穴の開き」「黒ずみ」対策にプチプラ美容オイル

肌に嬉しい美容オイルは、積極的に使っていきたいところですが、デメリットもあります。

美容オイルのデメリットについて、

①オイルを必要以上につけすぎる

②くすみやシミの原因になる場合がある

の2つを見ていきます。

美容オイルのデメリット①オイルを必要以上につけすぎる

美容オイルの1つめのデメリットは、オイルを必要以上につけすぎる

ことです。

オイルは種類にもよりますが、始めのうちは1~2滴つけて徐々に慣れていくようにします。

足りないときは1滴ずつ足していく程度にしましょう。

肌に効果が現れ自分に合ってくると、もっと使いたくなってオイルの量が増えがちです。

美容オイルを使いすぎると、自分の肌が本来持つ皮脂による乾燥をバリアする働きが衰えてしまいます。

乾燥が気にならなくなってきたなら、オイルの量を減らした方が良いです。

オイルは増やせば良いわけではなく、適量で十分効果は得られます。

他にもオイルをつけすぎることで、

●毛穴が詰まる

●ニキビができやすくなる

●肌がべたつく

といったデメリットにもつながってしまうのです。

美容オイルのデメリット②くすみやシミの原因になる場合がある

美容オイルの2つめのデメリットは、くすみやシミの原因になる場合がある

ことです。

美容オイルの油分は、紫外線によって、

●肌をくすませる

●色素を沈着させる

といった可能性があり、

●精度の低いオイル

●酸化しやすいオイル

●使用期限が切れたオイル

●開封から時間が経過したオイル

によく見られます。

たとえば、グレープシードオイルやローズウッドオイル、アロマオイルなどは酸化しやすいため、日中のケアは避けた方が良いでしょう。

酸化しやすいオイルは、夜のケアに使うようにすれば大丈夫ですよ。

美容オイルの3つのメリット

美容オイルにはデメリットはありますが、もちろんメリットもたくさんありますよ。

ここでは、美容オイルのメリットとして、

①組み合わせて使うスキンケアアイテムの効果を高める

②肌を柔らかくする

③コスパ最強のスキンケアアイテム

の3つをご紹介します。

美容オイルのメリット①組み合わせて使うスキンケアアイテムの効果を高める

美容オイルの1つめのメリットは、

組み合わせて使うスキンケアアイテムの効果を高める

ことです。

美容オイルの使い方は多様ですが、化粧水や乳液、クリームをつける前の洗顔後すぐに美容オイルを使うと、他のスキンケアアイテムの浸透性を高めることができます。

いわゆるブースターの役割を果たしてくれます。

ブースターとして使えるオイルを使ってください。

オイルの油分とスキンケアアイテムの水分は、水と油の関係にあり、一見、相性が悪いようにも思えますよね。

でも、美容オイルを先に肌につけることで、細胞に含まれる脂質とオイルがよくなじみ、次にくるスキンケアアイテムをしっかりキャッチできるようになります。

美容オイルの多くは、肌の皮脂と同じような成分でできていて、肌によくなじみます。

美容オイルのメリット②肌を柔らかくする

美容オイルの2つめのメリットは、

肌を柔らかくする

ことです。

美容オイルを使うと、肌の水分が保たれます。

肌の水分が保たれると、ゴワつきの気になる肌も、柔らかくふっくらとした肌触りに変わります。

肌に潤いが出てくれば、スッピンに自信が持てると同時に、化粧ノリも良くなってくるはずです。

美容オイルのメリット③コスパ最強のスキンケアアイテム

美容オイルのメリットの3つめは、

コスパ最強のスキンケアアイテム

です。

見かけは小さく、すぐになくなってしまうような気もしますが、約15mlのオイルでも3ヶ月程度は使えます。

美容オイルを一度に使う量は1~3滴程度で十分。

美容オイルは伸びが良く、肌にしっかりなじむので、大量に使う必要がないのです。

美容オイル自体は価格帯もさまざまですが、良いオイルで少し高くても、すぐに使い切ってしまうことはありません。

コスパ最強のスキンケアと言えますね。

美容オイルのデメリットとメリットまとめ

美容オイルのデメリットとメリットについて見てきました。

肌のために使っている美容オイルが、逆に肌に負担を与えてしまうことがあるのは怖いですよね。

だからこそ、正しい選び方も覚えておきたいものです。

美容オイルは、他のスキンケアアイテムと組み合わせると、お互いに効果を高め合えるようになります。

少しの量でしっかり使えるので、まだ使ったことのない人も1つは持っていると良いと思います。

美容オイルをより効果的に使うためにも、自分に合ったオイルを見つけるためにも、メリットとデメリットは頭に入れておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました