ニキビケアにおすすめの美容オイル20代30代40代必要な美容成分の違いについて

ニキビケアにおすすめの美容オイル20代30代40代必要な美容成分の違いについて 美容オイル

ニキビは治ったと思っても、また出てきて…の繰り返しになりやすいですよね。

しかも、ニキビの跡は残るとなかなか消えず、意外と目立ってしまいます。

ニキビができる原因は、年代によって変わってきます。

ただ、どのニキビも肌の油分と水分のバランスが崩れたときにできやすいと言えます。

ニキビケアにおすすめなのは、美容オイルです。

今回は、年代別のニキビの悩みと、ニキビケアにおすすめの美容オイルについてご紹介します。

繰り返すニキビやニキビ跡に困っているなら、美容オイルによるスキンケアを試してみてください。

年代別ニキビの悩み

「ニキビができると、目立つし、痛いし、なかなか治らないし…!」

本当に厄介な悩みの種ですよね。

治るまでに時間がかかって、しかも、繰り返す場合もあって困りますよね。

ニキビは思春期の頃と、大人になってからとで原因やできる部分が変わってきます。

まずは年代別にニキビの悩みを見ていきましょう。

20代

20代は思春期ニキビと同様に、皮脂の過剰分泌によって肌の油分が多くなっていることに原因があります。

おでこの付近などに、できやすいです。

皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まってしまうと、肌で菌が繁殖しニキビとなって現れます。

肌は適度な油分と水分とでバランスが取られていて、このバランスが崩れてしまうと、肌の状態が悪くなります。

肌の状態が悪化すると、さまざまな肌トラブルが起こりますが、その一つがニキビです。

30代

10代や20代のニキビのように過剰に分泌される皮脂が原因である思春期ニキビとは性質が違うのが、30代からの大人ニキビです。

頬やアゴ、生え際付近に集中して出てきます。

大人ニキビは、

  • 肌の乾燥
  • ストレス
  • 間違ったスキンケア

が主な原因です。

生理前後にニキビができやすい人もいると思いますが、生理前後のニキビはホルモンバランスが深く関わっています。

このニキビは大人ニキビというよりも、思春期ニキビにでき方が似ています。

大人ニキビとは改善方法が異なるので注意が必要です。

大人ニキビを改善するには、適切なスキンケアが欠かせません。

>>30代と20代の肌の違いについて

40代

40代の大人ニキビも、皮脂の過剰分泌というよりは、

  • ターンオーバーの乱れ
  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ

が主な原因と考えられます。

肌が乾燥していると、油分によってできやすいニキビとは関係がないように思えますよね。

でも、肌が乾燥すれば外部からの刺激を受けやすくなり、肌自らが肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌させようとします。

40代のニキビは角質ケアと保湿ケアの両方がポイントです。

また、40代はニキビ跡に悩んでいる人も多いようです。

ニキビ跡は、汚れた手でニキビをつぶして炎症が起こって治りにくくなった結果、跡として残ったものです。

ニキビは絶対につぶしてはいけません。

ニキビ跡は消えにくく目立ちやすいのが特徴です。

ニキビケアにオススメの美容オイル

オイルクレンジングとは?メリットとデメリット他のクレンジングとの違いを比較

ニキビ対策としては、

  • ニキビそのものにアプローチする方法
  • ニキビを繰り返さないようにする方法

との2つがあります。

ニキビケアにオススメのスキンケアアイテムは、美容オイルです。

美容オイルは、ニキビやニキビ跡を直接治せるわけではありません。

でも、美容オイルは、

  • ニキビやニキビ跡のできてしまった肌を保湿する
  • ニキビやニキビ跡を作らないように予防する

ものとして役立ちます。

>>ニキビ跡に美容オイルは有効?

美容オイルは油分であるため、「逆にニキビができやすくなってしまうのではないか?」と心配になるかもしれません。

実は、この油分がニキビ予防に役立つのです。

美容オイルによって肌に適度な油分が補われ、肌が乾燥から守るために皮脂を過剰に分泌してニキビの原因になってしまうのを防げるようになります。

美容オイルで肌の水分と油分のバランスが整えば、

  • 乾燥を防ぐための過剰に分泌される皮脂によるニキビ
  • 乾燥で肌のバリア機能が衰えて菌が繁殖するニキビ
  • 肌の調子が悪いために吹き出物の菌が増えること

といった年代別のすべてのニキビにアプローチできます。

ただし、ニキビ予防のためにどんな美容オイルを使っても良いわけではありません。

たとえば、オリーブオイルやツバキオイルは、ニキビを悪化させたり、逆に増やしたりしてしまう可能性があるのです。

ここでは、ニキビケアに役立つ3つの美容オイルをご紹介します。

スクワランオイル

スクワランとは、深海鮫の肝油に多く含まれている「スクワレン」という成分に水素を加えて酸化を防いだ状態にしたものを指します。

スクワランは潤い成分として欠かせないもので、人の肌にも含まれますが、25歳を過ぎた頃から激減していきます。

スクワランが減少すると、

  • 乾燥
  • 紫外線やほこりなどによる肌荒れ
  • シミ
  • シワ

などの肌トラブルが起きやすくなります。

スクワランオイルを使うと、

  • 保湿
  • 肌を柔らかくする
  • 肌のバリア機能を高める

といった効果が得られ、ニキビのできにくい肌が目指せます。

スクワランオイルによるスキンケアは、非常に簡単なのもポイントです。

洗顔後に化粧水をつけて、クリームや乳液などを使う前に、肌にしっかりパックしながら塗るだけ。

毎日でも気軽に続けられると思います。

>>スクワランオイルは30代に必要な美容成分

アルコールフリー

ニキビケアにとってアルコール成分を使うのは、マイナスです。

特に、ニキビがすでにできているときに、アルコールの含まれたスキンケアアイテムを使うと、肌に強い刺激を与えてしまいます。

ひどい場合には、ニキビを悪化させてしまう可能性もあるのです。

肌がピリピリするようなら、アルコールによる刺激を受けているかもしれません。

ただ、美容オイルはアルコールフリーのものが多く、ニキビの対策や予防に安心して使えます。

使い方のポイントとしては、

  • 化粧水の後につける
  • 肌を叩かずに優しく包み込むようになじませる
  • 乾燥が気になる部分には重ねづけする

といったものが考えられます。

ビタミンC誘導体

肌を若々しく、健康的に保つためにはビタミンCが有効です。

ビタミンC誘導体には、

  • 肌内部のコラーゲン生成を促進する
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 肌のターンオーバーをスムーズにする

といった働きがあります。

>>ニキビやニキビ跡に美容オイルは効果的?

ニキビやニキビ跡に対して、しっかりアプローチしてくれる成分として、特におすすめです。

ニキビやニキビ跡のケアに使うビタミンC誘導体には、

  • 顔全体に使うタイプ
  • 部分的に使うタイプ

があります。

顔全体か部分的かによって、選ぶテクスチャーにも違いが出てきます。

顔全体には、

伸びが良く広げやすいリキッドタイプやジェルタイプ

部分的には、

クリームタイプ

となります。

使う部分によって、自分が続けやすい美容オイルを探してみてください。

ニキビケアにおすすめの美容オイルまとめ

ニキビは女性が悩む肌トラブルの一つです。

年代別にニキビができる原因はさまざまありますが、ニキビケアには美容オイルをプラスするのがおすすめです。

美容オイルは油分であるため、ニキビには逆効果のように思われがちですが、美容オイルによって肌の状態を改善することでニキビができにくい肌になります。

今回はおすすめの美容オイルとして、スクワランオイル、アルコールフリー、ビタミンC誘導体の3つをご紹介しました。

ニキビケアで美容オイルをまだ使ったことがない人も、今まで良い美容オイルが見つからなかった人も、美容オイル選びの参考にしてみてください

タイトルとURLをコピーしました